杉製材による合掌構造、住宅への参考ポイントも多い教会施設

昨年末に完成した、「宮崎北聖書キリスト教会」の内覧会を行います。

日時:2014年4月12日(土)10:00~17:00,13日(日)13:00~17:00
場所:宮崎市芳士807番地
お問い合わせ:090-2500-9918

20140324kyoukai02

木造の2階建てで、100坪弱の大きな施設。県産スギ材と自然素材をふんだんに使用しており、会堂は、張弦梁の合掌構造で集成材ではなく120×300の杉製材で構成されています。

20140324kyoukai03

東西に細長い平面で屋根勾配が12寸勾配から6寸勾配へと変化していくのが特徴です。これは西側に音響などの理由から天井高を高くしたい会堂があるためです。

20140324kyoukai04

また、屋根材は県産のS型粘土瓦を葺いています。屋根勾配が違うので、見る角度によって屋根のうねりが違って見えるところも注目です。

壁材は内外ともにシラスの塗壁がベースになっており、他にも住宅として参考になるポイントがたくさんあります。

シンボルツリーの山桜も見頃ですので、ぜひ、お立ち寄りください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP